2016.08.27 Saturday

くまお本2販売と寄付先について

instagramでもお知らせしましたが、来月くまお本第2弾「くまおが山からおりてきた2」を

 

 

販売することになりました。

 

 

表紙がこちら

 

 

 

今回は「くまお塩」というタイトルで塩辛めな表情のくまおがたくさん載っています。

 

 

ただいま本の準備やら、ECサイトの準備に追われておりますが、ECサイトのことやネットワーク関連が苦手なため、

 

 

わからないことの連続ですが、なんとか少しずつ進んでいますのでもうしばしお待ちください。

 

 

<今回の本の寄付について>

 

くまおを保護してくださった「湘南鎌倉ほっとさぽーと」さんと

 

 

 

熊本県動物管理センター」の2件に寄付したいと思っています。

 

 

 

(寄付窓口は「熊本県災害時動物救援チーム」になります)

 

 

 

前回、くまお募金の際には、熊本地震の募金は「わんにゃん緊急災害ネットワーク」の増子元美さんの活動に支援していましたが、

 

 

 

今の熊本の現状を増子さんにお聞きしたら、増子さんもお手伝いされている

 

 

「熊本県動物管理センター」にお願いします。とのことでした。

 

 

    

 

 

熊本県動物管理センターは私も熊本に行った時にお邪魔した場所で、

 

 

通常、熊本県内10か所の保健所などから動物が集められ殺処分される場所です。

 

 

 

震災以降ガス室が停止しています。

 

 

 

本来そういう目的の施設なので、長く動物たちが暮らせる環境も物資も人材も足りていません。

 

 

 

そこで一度も動物達の処分をせずに、定員の倍の犬や猫が今も暮らしている現状が地震後から続いています。

 

 

 

現場でお世話をしている方や、ボランティアの方は大変な状況の中続けてこられています。

 

 

 

 

もちろん素敵な里親さんが見つかるのが一番ですが、今も冷たい床で暮らしている動物たちが

 

 

 

少しでも快適に過ごせるように、施設や物資の支援が求められています。

 

 

 

他にも問題はあるのですが「動物を処分する場所」から、「お世話できる場所」 

 

 

 

になるように遠くから少しずつでもお手伝いできればと思います。

 

 

 

私がここで説明した内容より詳しい状況が、増子さんの ブログ に書かれています。

 

 

 

支援はしたいけど、今回のくまお本の支援に不安で悩んでいる方がいたら、直接増子さんのブログを読んでいただき、

 

 

 

直接現地に寄付いただく形でもとてもありがたいと思っています。

 

 

 

少しでも今の熊本の動物たちの現状を知っていただく機会が増えたら幸いです。

 

熊本の暑さの中、実際にお世話をされている方達は本当に大変だと思います。

 

 

 

東京から間接的にはなりますが、全国の方の気持ちを熊本に届け続けていくことができればと思っています。

 

 

 

本の発売日や詳細が決まり次第、instagramとブログで紹介していきます。

 

よろしくお願いします。

 

 

くまお母

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.06.24 Friday

熊本の旅2

熊本の旅2

 

 

 

熊本の旅2日目は初日に譲渡会におじゃました熊本県動物管理センターへ。

 

 

午前中、ネコのゲージの清掃のお手伝い。

 

 

 

 

まだまだ小さな子猫から、貫禄の大人ネコまで沢山のネコが保護されています。

 

 

くまおも小さなころはこんなだったのかな…と。

 

 

 

 

 

 

私は大人ネコチームのゲージの掃除を担当しました。

 

 

不慣れで見知らぬ私にも大人しいネコさん達はお掃除させてくれました。

 

 

この時期の熊本は気温も高く、湿度も高めで3時間弱の作業でも汗だくです。

 

 

日々お世話されている職員の方は本当に大変だと思います。

 

 

約10匹分のゲージの清掃と20匹分のご飯とお水の交換で午前中が終了〜

 

 

お世話しながらもみんな様々な個性を持っていて癒されました!

 

 

 

 

 

午後からは熊本市内に移動し、熊本市内と熊本城を観光しました。

 

 

 

といっても先日の地震で大きな崩落があり、近くには行けず遠巻きに見てきました。

 

 

 

 

石垣の崩れがひどく、お城の屋根の瓦も落ちていたり、被害が大きかったです。

 

 

 

 

元の状態までには復元に20年はかかると言われているそうです。

 

 

最後に市内で増子さんにご挨拶をして熊本を後にしました。

 

 

増子さんの愛車にくまおステッカーを貼っていただき感激です!

 

 

 

 

 

 

 

くまおが増子さんと一緒に熊本のイヌやネコの元におじゃましているようでとても嬉しいです。

 

 

ILOVEDOGのステッカーのお隣がなぜかしっくり来ています笑

 

 

窓ガラスに増子さんの影がチラッと映っています。とてもチャーミングな方でした!

 

 

 

 

1泊2日の短い旅でしたが、増子さんから繫げていただき、様々な出会いがありました。

 

 

陸前高田からトリマーのボランティアに来ていたトモチンとも二日間、行動を共にして色々な話を聞いて勉強になりました。

 

 

彼女は1週間熊本に滞在して管理センターに通い、飼い主を待つ犬や猫のトリミングのボランティア活動をしています。

 

 

 

今回、皆様からお預かりした支援金¥55,183は現地で一度増子さんにお渡ししましたが、

 

 

手続きのお手間にならないよう、旅から戻って6月20日(月)にわんにゃん緊急災害ネットワーク様の口座にあらためてお振込みいたしました。

 

 

 

 

 

みなさまからのあたたかいお気持ち本当にありがとうございました。

 

 

増子さんのブログでくまおのブログも紹介いただきました。

 

 

これからまだまだ熊本では様々な支援が必要です。

 

 

増子さんは現場の最前線で行動されていますが、その増子さんの行動を裏で支え、事務作業されたり、

 

 

管理されたりするサポーターの方々のお力もあって支援が成立するんだと今回あらためて学びました。

 

 

増子さん自身もお疲れの中、日々犬猫のケアに奔走されている姿を拝見して、

 

 

これからも少しずつお力になっていければと思いました。

 

 

くまお募金がきっかけで今回熊本に足を運び、沢山の方にお会いし、犬や猫の為に使っていただける方に

 

 

直接お会いできたことがとてもありがたかったです。

 

 

豊前房にお越しいただいた皆様、豊前房の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

そしていつもくまおのブログやInstagramをご覧いただいている皆様にあらためてお礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.06.20 Monday

くまお募金 熊本の旅1

6月18,19日、1泊2日で熊本県に行ってまいりました。

 

くまお募金を通してこれから これから私に何ができるか?自分の目で見てきました。

 

長くなってしまいそうなので、1、2に分けてアップします〜

 

 

熊本空港着。

 

良いお天気で東京より気温も湿度も高かった熊本でした。

 

着いてばらくして熊本県動物管理センターにて、今回アポイントをとっていた

 

「わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本」でフリーで動物看護士の活動をされている増子元美さんとお会いしました。

 

今回皆様からお預かりした くまお募金 ¥55,183は「わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本」さんに寄付いたしました。

 

 

「今の現状と、これからどのような支援が必要になるか知りたいと思っている」とお伝えすると

 

県内でも被害の大きかった益城町で増子さんが普段活動されている場所を案内してくださいました。

 

 

今回の旅は、くまお募金の熊本支援が一番の目的。

 

それと同時に私も支援先を見つけるまで調べるのにとても時間がかかり

 

実際どこの団体に支援したら動物のために役に立ててもらえるのか?すごく悩んだため

 

きっと支援を検討されている方も同じ悩みにぶつかっていると思うので

 

実際に現場を見て、安心して支援していただける団体をご紹介することができたら、、、と

 

他にも沢山の団体がありますが、支援先を探す少しでも参考になればとブログにリンクを貼って紹介させていただきます。

 

(今回はあえて大きな規模の団体ははずしています。)

 

 

 

当日は犬猫の譲渡会が開催されていて、外のパラソルの下には飼い主を待つわんちゃんが笑顔で迎えてくれました。

 

 

木陰や、パラソルの下でたくさんのわんちゃんがのびのびと寛いでいました。

 

 

施設の入り口と中には成ネコと子猫がゲージに番号が振られ、沢山のネコ達が新しい飼い主さんを待っていました。

 

 

譲渡会、管理センターでは「Philliaフィリア」さんという団体が中心となって活動をされていました。

 

Philliaさんは犬猫の殺処分を減らす活動をされています。

 

震災後、迷子になった犬も、避難生活でペットと暮らせなくなってしまった方も沢山いらっしゃいます。

 

手放したくなくても、ペット可の物件がない。仮設住宅には連れて行けない。

 

など簡単に解決できない問題が山積しています。

 

もし殺処分を減らす団体への支援をご検討されている方がいらしたら、Philliaさんも物資と支援金の受付をしています。

 

イヌやネコの支援活動にきちんと役に立ててくださる団体だと思います。

 

支援物資、支援金先の詳細はこちらのサイトをご覧ください。

 

 

 

 

<1ヵ所目>

 

ここは再春館製薬所さんが敷地を提供している、ピースウィンズが運営しているテント村

 

これからは遮光ネットがないとテント内も高温で大変な季節がやってきます。

 

遮光ネットのない状態のテントもまだあり、これからが心配ですね。

 

 

ペットを連れて避難されている方のためのテント設営と運営も心がけている団体が運営しています。

敷地内の預かり所には冷暖房完備で、ドッグランもありました。

このような施設が整っているのはほんの一部のようです。

 

 

 

<2か所目>

 

熊本空港ホテルエミナース。

ここのホテルも震災後から避難所しても使用されていますが、少しずつ通常営業に向けて進んでいるそうです。

 

7月からホテルの屋外プールがオープンするとのことで、増子さんがこちらに預けていたペット用物資を回収。

 

私のレンタカーにペットシーツを載せて出発!

 

 

 

<3か所目>

 

益城町総合体育館へ。

 

ここは500名近くの方が避難生活を送られている大きな体育館です。

 

外観写真撮り忘れました。

 

 

そして体育館裏にペット用のハウスと雨が避けられる屋根付きのドッグランが作られていました。

 

こちらは益城町 「いぬネコ家族プロジェクト」の方々が行政、YMCAと協力しながら施設を運営されています。

 

運動公園内は水道も復旧しているそうですが、このわんにゃんハウスは離れたところにあるため

 

まだ水道復旧の見通しも立っていないようです。

 

こちらでもボランティアやサポーターを募集していました。

 

物資については日々状況が変わっているので、送る前にFACEBOOKをご確認ください。

 

 

ドッグランで出会ったコタロウくん。

 

 

 

<4か所目>

 

益城町健康保健センター

 

ペットシーツを収めて、足りないものの補充などを行いました。


 

そこで新たな住まいで飼い犬のチワワに必要なものを増子さんに相談する女性に会いました。

 

7月末の仮設住宅完成までのさらに仮の住居に引越しされるとのこと。

 

ひえひえマットや、チワワ用の室内用のゲージなどを用意。

 

「自宅が倒壊して1時間半後に救助の人に助けてもらって、その後じいちゃんとばあちゃんとイヌも助けてもらった」と

 

当日の様子を笑顔でお話ししてくださいました。

 

その笑顔にこちらまで元気をもらいました。

 

ありがとうございます!

 

 

その後、市内の動物病院に行き、1日目を終了しました。

 

 

 

益城町内は木造の家の被害がとても大きかったです。

 

 

1本細い道を入ると、瓦礫で道が細くなっている道もまだあり

 

これからの道のりは本当に長いものだと感じました。

 

人間の生活もやっとなので、犬や猫は二の次になります。

 

疲れがたまると他の犬やネコのなき声に敏感になります。

 

 

人間の生活に寄り添ってペットも暮らすにはどうしたら良いか?

 

あらためて考える初日になりました。

 

 

 

 

2016.06.13 Monday

くまお募金支援先について

このたびは豊前房さんでのくまお募金に沢山の方に御賛同いただきありがとうございました。



今週末の6月18、19日の2日間で熊本に入り、皆様からお預かりしたお気持ち¥55,183は確実にお届けして来たいと思います。


今回の熊本への旅費は個人的にたまったマイルを使用します。(支援目的以外で支援金を使用することはありません)







遅くなりましたが、支援先は熊本市、益城町で被災動物の支援活動をされている「わんにゃん緊急災害ネットワーク」さんの活動の



お役に立てていただくことになりました。



現地で日々状況が変わっている毎日、現場をしっかり把握されている長く活動されている方に



「今一番必要なもの」に役立てていただくのが一番と思いました。



これから夏に向かって熱中症や、伝染病など心配なことも沢山ありますが、少しずつですが支援を続けていくのが大事なことだとあらためて思っています。

そして、今の現地の状況を確認して今後どのような支援が必要になるか?などを
お話しをうかがってきたいと思っています。





現地での活動のじゃまにならないよう、観光として現地の経済を回すお手伝いが少しでもできるよう



必要な支援物資があったら現地で調達したいと思っています。



また来週末の熊本から戻りましたらきちんとご報告させていただきます!


くまお母 
2016.06.01 Wednesday

くまお募金

<くまお募金について>

豊前房さんでのくまお募金、くまお本の販売につきまして

今回の企画の趣旨に沢山の方にご賛同いただきましたこと心よりお礼申し上げます。

本当にありがとうございました!!


本当に沢山の方に御来店いただき、あたたかいお気持ちをいただきとても嬉しかったです。

遠方からもお越し下さった方もいらして、感謝の気持ちでいっぱいです。

皆様からいただいた大切な支援金は集計が出来次第、次回のブログでご報告させていただきます。

iPhoneImage.png

そして当初、募金は5月いっぱいの予定でしたが「継続が大事」とのお店のご厚意により

「くまお募金箱」は引き続き店頭に置いていただけることになりました。

くまおのブロマイドも引き続きお店に置いてありますので、

ご来店の際はくまおインスタ見ましたとお声かけてくださいませ〜。



詳細のご報告、次回にひっぱってしまい申し訳ありません。

5月中にご支援いただいた金額と支援先は次回発表させていただきます。

取り急ぎくまおよりお礼申し上げます。

ありがとうございました!!


(若大将作:くまおうどん)
つけとろ+岩のりトッピング
目はワカメ。

お味も美味しかったです〜
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
くまおとここで出会いました
ペットのおうち
Selected Entries
Categories
Archives
Recommend
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Instagram kumaomaru
Instagram kumaokamako